ATMの「同時引き出し」北新宿の容疑者を新たに逮捕(産経新聞より)

※こちらの記事は1年以上前に配信されたものです。
新宿区内での感染者数の推移

セブンイレブンATMから不正なクレジットカードを使った上で、多額のお金が全国で一斉に引き出された事件に関連し、警視庁が新たに北新宿に住む職業不詳の男を、窃盗容疑などで逮捕しました。

今回逮捕された渡辺一穂容疑者は、約2カ月前の朝早くに、日野市内にあるATMと偽装されたクレジットカードを使って、合計550万円もの現金を引き出したとされています。この作業は既に起訴された小幡研二容疑者が持ちかけた「仕事」のようで、引き出したお金は知人男性へ渡し、自分は報酬を貰ったとも供述しているようです。

犯行に使われたクレジットカードは合計で7枚だと推定されており、また、いずれもセブンイレブンの店何に設置されたATMが使われていたようです。ちなみに、小幡被告は職業不詳と紹介されたりと、各メディアごとに表記が異なっていたのですが、今回の記事では物品販売業という肩書きが統一して付けられています。

ATM不正引き出し事件 西新宿の男らを逮捕(TBSより)

広告