鉾田市のメロンを楽しめるフェア ルミネ関連の複数店舗で展開中

新宿区の感染者数について(外部サイト)

サナギ新宿国内におけるメロン産出額で1位の自治体として君臨している茨城県鉾田市ですが、市内のメロンを楽しめるフェアが、ルミネの3施設とサナギ新宿の計12店舗で、今月いっぱいまで開催されています。

鉾田市で生産されている「イバラキング」と「クインシーメロン」を存分に楽しめるこの試みは、ルミネ1やNEWoMan、新宿ルミネエストなどのルミネ関連施設で展開されており、クリームソーダやパフェといった定番メニューはもちろん、1日5食限定という「鉾田メロンのロティ」や旬のフルーツとともに楽しめるフルーツバスケット、さらには白と黄緑色で構成されたショートケーキなどが、各館内にある店舗で販売されています。各商品の価格は平均して1000円から2000円前後となっているようで、ちょっとしたお祝い事の際にも楽しめる様になっています。

イベント開始日には井上桜楽さんとお笑いコンビのカミナリお二人が登場し、実際に提供される商品を試食するなどされていた他、ちょっとしたトークなどで場を和ませたほか、VTR映像という形で鉾田市長も登場していたそうです。イベントは30日までですが、提供される商品のうち4種類はなくなり次第終了になっていて、フルーツバスケットについては6月20日が最終提供日に定められているため、目当ての商品がある場合は日付などにも注意する必要があります。


ルミネ新宿、ルミネエスト新宿、ニュウマン新宿各館で「ほこたメロンフェア」開催!今が旬の鉾田市産メロンを使ったオリジナルメニューが続々登場!|鉾田市のプレスリリース
鉾田市産メロンで笑顔に カミナリ、井上咲楽がイベントで試食 | AdverTimes(アドタイ) by 宣伝会議

広告