西新宿7丁目の興亜ビル 今月から建て替え工事がスタート?

興亜ビルバスケ用品などを扱うセレクション新宿本店のほか、複数の事務所が営業していた西新宿7丁目の興亜ビルでは、今月から新しいビルになるための下準備である解体工事などが、順次行われる予定になっています。

元々工事自体は昨年の1月から計画されていましたが、新型コロナウイルスの流行などが影響してなのか、いつしか標識設置年月日から1年以上先にあたる、令和3年3月15日から着工するというものに看板が書き換えられました。建物内の事務所は移転済みのセレクションを含めて姿を消していて、いつ解体が始まっても準備ができているような状況ですが、解体日開始日は3月31日となっています。解体の時期変更は2月末に決まったもので、予定通りに進めば計画変更から1カ月で建物に「メス」が入ることになります。

建物名自体は「有限会社シー・エヌ・エス様 店舗付共同住宅新築工事」という、形式的な名称がつけられていますが、今後は名前の通り、9階建ての建物内に事務所や店舗のほか、住むことができるスペースが設けられることになります。


有限会社シー・エヌ・エス様 店舗付共同住宅新築工事 完成までの工事の様子

広告