安心お宿が手掛ける「おしごとお宿」動画で内部の様子を紹介(東洋経済より)

あんしんお宿東洋経済オンラインでは、新型コロナが流行する中で各企業の「逆転の発想」にフォーカスを当てた企画を、今月からYouTubeにて実施しており、第1弾のお店として安心お宿プレミア新宿駅前店が選ばれています。

今回の特集では先日からスタートしたコアワーキングスペースとしての転換についてスポットライトが当てられており、「おしごとお宿」においてどのような設備が整っているのかなどを詳細に説明されています。宿泊スペースだった個室部分は、二段ベッド状態だった部分の仕切りを取り外し、内部にディスプレイやオフィスチェア、簡単な資料入れスペースなどが用意されているようです。またカーテンを使用することによって完全なプライベート空間にも姿を変えることができるようになっています。

取材に応じた方によると、リモートワークが増えている方、自宅の環境だと仕事に支障をきたしてしまう方などが同施設を利用するというケースがあるようで、外国人観光客の方がひっきりなしに入館していた頃とは全く違うタイプの客層の方を獲得できているようです。また、今後の動向次第ではこのワーキングスペースエリアを他のフロアにまで拡張する可能性もあるとのことです。

おしごとお宿<コワーキングスペース> |【公式】豪華カプセルホテル 安心お宿

広告