新宿3丁目にあったセントラルホテル東京 8月末で閉館

新宿区内での感染者数の推移

セントラルホテル東京様々な飲食店が立ち並ぶ新宿東口商店街にあり、新宿エイサーまつりのような各種催しにも協力されていたセントラルホテル東京が、8月いっぱいで閉館いたしました。

同ホテルは、100室以上を用意している比較的規模の大きめなホテルとして稼働を行っており、いわゆるインバウンド需要などの影響で、繁忙期などには予約の取れない日もあるなど、一定の人気を博しているホテルでした。緊急事態宣言が発令された時も、従業員のマスク着用を始めとする各種感染対策を行った上で営業を行っていたものの、5月1日から休業となり、7月1日からは設備不良のための休業、そして8月1日からは公式サイトで「当面の間休業」という連絡が行われていました。

一昨日に同ホテルの情報を確認したところ、9月下旬ごろまでは存在していた公式サイトが閉鎖され、各宿泊予約サイトからも同ホテルのプランが丸ごと消えていました。そこで電話で問い合わせを行った所、対応いただいた男性の声の方から「8月をもって閉館した」というお返事をいただきました。近隣には安心お宿や新宿4丁目のビジネスホテル街など、宿泊施設自体はいくつか用意されているものの、住所が新宿3丁目のホテルは東側にある東急ステイ新宿のみになってしまいました。

広告