カレーなどを提供していた「はしおバザール」25日で完全閉店

新宿区内での感染者数の推移

はしおバザール西新宿4丁目の十二社通り付近にあるマンションの「西新宿カーネル」にて、2015年より営業を行っていたはしおバザールが、25日に最後の営業を行うことになり、Twitterで告知を行っています。

同店は文字通り隠れ家的レストランのような雰囲気のお店で、本格的なカレーを複数種類提供するだけでなく、ディナータイムにはバル形式の飲食店としてよりオシャレな空間として営業されるという、人によって印象が違う複数の顔を持つお店でもありました。当初は11月初旬までに営業を終了すると発表していたものの「最長」の予定通りになることはなく、7月末にはランチタイムの営業が終了し、先週にはディナータイムの営業も終了しました。

本当のラスト営業となる24日と25日は「閉店の宴」「サヨナラ会」などと題されており、17時から営業をスタートする予定となっております。提供されるメニューはカレーだけ明確に案内されており、他にははしおバザールオリジナルのTシャツも販売する予定とのことです。また、混雑を避けるために、24日の来店も推奨されていました。

広告