アントニオ猪木さんをテーマにした「アントニオ猪木酒場」今月で閉店

緊急事態宣言後の営業情報
新宿区内での感染者数の推移

アントニオ猪木酒場安心お宿やウィンズ新宿などが立ち並ぶ通りの通り沿いにて営業を行ってきたアントニオ猪木酒場が、今月いっぱいで閉店する事になり、Twitterなどで告知が行われています。

その名の通り、アントニオ猪木さんに関する様々なグッズなども手掛ける「プロレス系の居酒屋」で、現在唯一残っている新宿店では、西口プロレスの出演者の方々、そしてご本人も度々来店したことがありました。時には猪木さんが手掛けるイベント「BOM-BA-YE」関連の会見が行われることもあったようですが、東京スポーツの取材によると、新型コロナウイルスによって来店者数が減少したことも明かされており、閉店の一因になったようです。

近年は新型コロナウイルスに絡めて567円の飲み放題プランを提供したり、東京都知事選挙に投票した方にハイボールを10円で提供するなどのキャンペーンも実施されていたようですが、残念ながら閉店という形を取らざるを得ない状況になってしまったようです。また、前述の東京スポーツによる取材によると、今後再びプロレス関係のお店をやるかについても今のところは決まっていないとのことでした。

アントニオ猪木酒場 | 猪木プロレスは闘いのワンダーランド、猪木酒場は居酒屋のワンダーランド!あの感動をもう一度!! ご来店される皆様が「元気になる居酒屋」、それがアントニオ猪木酒場です。
7月いっぱいで聖地「猪木酒場」が閉店 小猪木が尽きぬ思い出を語る | 東スポのニュースに関するニュースを掲載

新宿区新宿4-1-13

広告