京王プラザホテルで働いている従業員 新型コロナウイルスに感染(NHKより)

新宿区内での感染者数の推移

京王プラザホテル感染者のペースこそ鈍りつつあるものの、感染者数自体は現在も増え続けている新型コロナウイルスですが、西新宿にある商業施設でも従業員の感染が確認されました。新宿区全体では、大久保にある住友不動産新宿ガーデンタワーでの感染例がありますが、西新宿では恐らく初めてのケースとなります。

感染した人物は京王プラザホテルにて勤務しており、宿泊客の出迎え業務などを担当されていたとのことです。2月の中旬から月末まで、イギリスやポルトガル、スペインを訪問しており、13日に発熱などの症状が出たあと、熱が下がった後だという18日の14時から22時まで勤務していました。明確な時系列は分かりませんが、今回感染が判明した人物の知人が新型コロナウイルスに感染していたため、この人物も検査を行ったところ、20日に感染が判明したとのことです。

京王プラザホテルでは、この人物の同僚スタッフである7人についても、4月1日まで自宅待機を行うよう指示しており、従業員用の休憩室や荷物用のワゴンなどを消毒したということです。1時間ほど前にホテルの前を通ったところ、今回の感染に関するアナウンスは特に行われておらず、新型コロナウイルスの流行時から掲示され続けている「消毒のお願い」や「従業員のマスク使用」についての告知が行われています。なお、報道後から京王プラザホテルの公式サイトはサーバーエラーによってアクセス不能になっています。

京王プラザホテルの男性従業員 感染確認 東京 新宿 | NHKニュース
新宿の京王プラザホテル、欧州帰りのバイト男性感染 すでに消毒 – 産経ニュース

従業員(アルバイト)の新型コロナウイルス感染について | 新宿のホテルなら京王プラザホテル【公式サイト】

広告