ハイアットリージェンシー東京 今月から一部店舗などの営業を短縮

新宿区内での感染者数の推移

ハイアットリージェンシー東京ハイアットリージェンシー東京では、現在7種類の飲食店や飲食にまつわるサービスなどが展開されていますが、今月から各飲食店やサービスの営業時間の変更が行われており、対象となった全店舗で短縮された形でお店の営業が行われています。

1階にあるラウンジは9時オープンを10時オープンに、2階にあるカフェは24時閉店だったところを23時閉店に変更されています。スイーツ販売などがメインのペストリーショップは、10時から21時だった営業時間が9時から19時に変更されており、1時間前倒しされた上で短縮されているため、特に現在のようなバレンタインデーシーズンなどは、お目当ての商品が若干買いにくくなるかもしれません。

3階にあるバーは、これまで平日と土曜日のみ16時から25時までの営業だったのですが、全曜日16時から24時に統一しています。最も大きく変わったのがルームサービスで、これまで24時間提供を行っていたところを6時から23時までに切り替え、深夜の時間帯は提供されなくなりました。

一方で、大型のレストランである翡翠宮と鉄板焼きグリル、佳香の3店舗については、営業時間の変更について言及されていませんでした。また 14日には新しい飲食店となる「ヴィッキーズ」が誕生する予定です。


営業時間変更のお知らせ
ブラッスリー「Vicky’s(ヴィッキーズ)」 2月14日(金)オープン

広告