東京都庁第一本庁舎の展望室 軽食店の「HAREBA-REi」がオープンへ

新宿区内での感染者数の推移

東京都庁第一本庁舎来年1月にリニューアルオープンを予定している東京都庁の第1本庁舎にある北展望室ですが、この場所にオープンすると思われる軽食を扱うお店の情報が、求人情報サイトに掲載されていました。

お店の名前はハレバレイで、ローマ字表記では「HAREBA-REi」となっており、新宿アイランドタワーや京王フレンテ3丁目で営業している魚盛などを運営する株式会社ダイナックが手掛けます。過去に南展望室の中央で営業していた「Tokyo Cafe 202」を運営していたのも同社なので、サントリー系列のお店が再び都庁の展望室に戻ってくる形になります。

求人情報サイトでは1月15日にHAREBA-REiがオープンすると書かれていたものの、どちらの展望室にオープンするかは明記されておらず、都庁の展望室のサイトを見ても北展望室の再開時期については「1月中旬」の表記のままでした。ただ、先日展望室で係の方にお話を伺ったところ、「お店のオープン日ぐらいの時期」に展望室の再開を予定しており、都SEENが閉店する予定もないため、北展望室での営業になるのではないか、とのことでした。


HAREBA-REi ~ハレバレイ~ [2399]のアルバイト・バイト求人情報|【タウンワーク】でバイトやパートのお仕事探し

広告