コアワーキングスペースの「workmedi」小滝橋通り沿いに誕生

緊急事態宣言中の新宿駅周辺・西新宿などでの休業情報

workmedi新宿三井ビルや新宿センタービルなどで相次いでコアワーキングスペースの導入が進められている中、高層ビル群から少し離れた小滝橋通り沿いのワコーレ新宿第一ビルにて、今月からWorkmediというコアワーキングスペースが営業を始めています。

この施設は、同ビル内に本社を構えているユニオンメディエイトという会社が運営と管理を行っている施設です。通常のコアワーキングスペースと少し違う点として、クリエイターやベンチャー企業の他に「士業に従事されている方にとっても最適なスペースを用意している」という部分が強調されています。 同社が不動産を中心に扱う会社ということもあってか、ゼネコンや工務店、不動産鑑定士、マンション管理士などの方々に対しても、職業を名指しで参加を募っていました。

施設は税別27000円から利用可能で、最大で5人まで利用可能な個室タイプのプライベートオフィスも用意しているとのことです。施設内では法人登記や郵便物の受け取り、受付コンシェルジュなどが利用可能なほか、フリードリンクのセルフカフェ、無料のインターネットが用意されており、水道費や光熱費は無料です。会議室は20人以上収容可能で、セミナー開催にも対応しています。 ちなみに、Facebookでは6月の段階で「多くの方からの問合せ」があったことも明かしています。

Workmedi(ワークメディ) – 新宿のコワーキングスペース –

新店舗の開店・イベント情報などは、更新頻度を下げつつ、配信を継続していきます。
お店への訪問・催しへの参加は、政府や自治体の自粛要請などを優先した上でご計画ください。

広告