日本電子専門学校に在籍していた元生徒 犯行予告で書類送検(FNNより)

広告

日本電子専門学校自身が在籍していた学校に対して犯行予告が書かれたメールを送信したとして、もともと学校に在籍していたという19歳の少年が書類送検されました。

犯行予告の「被害」を被ったのは、百人町、歌舞伎町、西新宿と北新宿の4地区が交差する一帯に校舎を構えている日本電子専門学校で、今年に入ってから爆弾を仕掛けたなどと連絡するメールが19回送られてきたそうです。爆破予告が送られてきたメールのうち、1月30日の件については学校が閉鎖されるなどの措置が取られ、これらの行動が威力業務妨害となり、今回の送検へとつながったとのことです。

元生徒は送信元などを匿名化できるツールの1つであるTorを使って犯行予告を行ったそうで、事件を起こした理由については「人生や学校がうまくいかなかった」などと話しているようです。なお、いずれの爆破予告についてもそれらしき不審物は見つかっていないようで、学校の公式サイトでは今週末からほぼ毎週オープンキャンパスを行うことなどを説明していました。

・www.fnn-news.com: 爆破予告メール送信….
・専門学校に「爆弾仕掛けた」元生徒書類送検|日テレNEWS24
新宿の専門学校に爆破予告 警視庁が捜査 – 産経ニュース
東京・新宿|日本電子専門学校|CG・ゲーム・アニメ・情報・電気等25学科


広告

広告

地域別新着記事