小田急百貨店で長崎関連の商品を販売する「長崎物産展」を開催中

広告

小田急百貨店現在小田急百貨店では、6月5日までの日程で長崎県のグルメや工芸品などを販売する長崎物産展が行われており、B級グルメから置物まで、様々な商品が催物場に並んでいます。

昨日の17時頃に足を運んだ所、既にレモンステーキセットなどを提供する「和伊懐石縁」はほぼ満席の状態で、お子さんから初老前後の男性まで、幅広い年代のお客さんがお肉を口に運んでいました。ほかにも、2カ所あるうどん関連店舗の試食スペースに多くのお客さんが集まっていたりと、試食を提供しているお店の周辺だけやや人口密度が高いようにも思えました。ただ「隣」にお客さんが流れてしまった影響もあってか、コーヒーを提供するカフェのイートインコーナーにはお客さんがおらず、店員さんの姿しかありませんでした。

食べ物以外でも試供という形でお客さんに商品を紹介するお店がいくつかあり、ナマコ石鹸の体験などが出来るようになっていました。今回は家具類の販売は無かったものの、波佐見焼のように、どこか海の存在を薄っすら感じ取れるような商品も複数あり、年配の女性を中心にブースの方へ熱心に質問をしている姿も見かけました。

・長崎物産展(イートイン/お弁当・惣菜/スイーツ) | 小田急百貨店


広告

広告

地域別新着記事