雨の中で行われたNON STYLEのトークライブの様子

※こちらの記事は1年以上前に配信されたものです。

NON STYLE先週の金曜日、新宿アイランドタワーにあるパティオ広場にて、NON STYLEの2人がゲストとして登場するイベントが行われ、雨の中にも関わらずファンと思われる方々や、ビル中層階にある企業の社員証をぶら下げている人などが会場に集まっていました。

イベントは19時過ぎからスタートし、約8分の間不良をテーマとしたコントが行われました。その後、新宿アイランドタワーが20周年という記念のイベントということで「20」にまつわる話を司会者から振られたり、石田明さんは東京医科大学病院へ通院している事、井上裕介さんは新宿に対して怖いという印象を持っていたことなどを語られていました。井上さんは新宿に吉本の東京本社が出来た時に「行きたくなかった」とも明かしています。

一方で、井上さんはLOVEのオブジェについて「石田純一がだいたい待ち合わせするとこや」という感想を述べ、新宿で一番嬉しかった事はLOVEのオブジェを見たことだと仰っていました。石田さんは、2012年に放送されたドラマ「猫弁~死体の身代金~」に出演し、近所を霊柩車で走っていたことから縁のある地だと話していましたが、石田さんが話しだすとほぼ同時に雨足が急に強まり、会場が沸く一幕もありました。しばらくは雨の話を交えた会話が司会者の人と交わされていましたが「こんなびしょ濡れにならんでも2000円払ったら見れるんで」と切り出したりして、ルミネtheよしもとの宣伝も忘れずに行っていました。

NON STYLEイベントの終盤では、石田さんの話からも出てきたルミネtheよしもとのペアチケットが貰えるじゃんけん大会が行われ、勝ち残った人と握手をしたり「5組10名」の枠に入った人へチケットを渡したりしていました。最後はステージにいる2人と記念撮影をする時間も設けられましたが、お客さんの1人が水を張っている部分に落ちてしまうというハプニングがありました。撮影準備中などの時間にはステージ裏にあるバル デ エスパーニャ グランビア、ヱビスバーの2店舗で食事中のお客さんに声をかけたりと、会場以外の場所にいる人たちにも絡んでいました。

報道関係者もおらず、事前告知がほとんど行われないまま実施されたイベントでしたが、おそらく井上さんに対してと思われる「意外と小さいね」といった感想を含め、終始和やかな雰囲気に包まれたイベントでした。

ポッキーイベント前後、最中には新宿アイランドタワーのオブジェが描かれた記念ポッキーが配布されていましたが、余ってしまったせいか、イベント終了から10分ほど経過しても係員の人がポッキーを配り続けており、複数貰っても「いいですいいです」と、受け取りを促されました。


新宿アイランドタワーの広場でNON STYLEのトークライブを開催へ

広告