新宿駅周辺の商業施設が外国人観光客向けのキャンペーンを実施中

※こちらの記事は1年以上前に配信されたものです。
緊急事態宣言中の新宿駅周辺・西新宿などでの休業情報

新宿三丁目現在、新宿駅やその東側・西側で営業を行っている各商業施設で、外国人のお客さんを対象にした役に立つキャンペーン等が開催されており、新宿は普段よりも少しだけグローバルな顔をのぞかせています。

「新宿ショッピング・キャンペーン2014春」というタイトルが付けられているこの取り組みに参加しているのは、それぞれ形態が違う7つの会社で、英語はもちろん、韓国語、中国語、タイ語で書かれたハンドブックが用意されたり、購入した商品をホテルに届けるサービスを実施したりと、より多くのお客さんにアプローチできるよう、各社が一致団結して取り組んでいます。参加しているのは合計で12店舗で、伊勢丹やビックロといった「おなじみ」の顔はもちろん、ドン・キホーテや東急ハンズもこのキャンペーンの対象店舗となっています。

1月30日にはキャンペーンに関連した記者発表も行われ、中山弘子区長や三越伊勢丹HDの大西洋社長らが登壇されたそうです。同キャンペーンは3月31日まで開催されるとのことですので、海外にお知り合いのいらっしゃる方などは、ぜひこの機会に「訪日」を促して親睦を深められてはいかがでしょうか。

伊勢丹、ルミネ、ドンキら新宿ショップが協力、「新宿ショッピング・キャンペーン」始動
外国人観光客に向けた「新宿ショッピング・キャンペーン2014春」にルミネが参加!

広告