「宝くじが当たるくじ」や10億円を模したフォトスポット 新宿駅構内で明日まで展開

※こちらの記事は1年以上前に配信されたものです。
広告

年末ジャンボ宝くじ年末ジャンボ宝くじの発売に伴い、西武新宿駅前や新宿駅西口一帯などで「夢の購入」の行列が形成されたり、特別な販促物が登場したりしている中、新宿駅構内にあるアルプス広場にて、年末ジャンボ宝くじをPRするイベントが明日まで行われています。

このイベントでは、宝くじのマスコットキャラクターである「クーちゃん」の体内に手を突っ込み、出てきたピンポン玉の色で特定のプレゼントが貰えるというキャンペーンが行われていて、白色の場合は参加賞としてポケットティッシュが、橙色の場合は年末ジャンボ宝くじ1枚かクリアファイルのいずれかが贈呈されるものとなっています。あたりの確率などは明記されていませんでしたが、20人前後の行列で2回ほどあたりを知らせる鐘が鳴らされていたので、少なくとも極端に低いわけではないようです。

近くには10億円分の札束のレプリカや豪華な椅子、金屏風のようなものを背景にして写真が撮影できるスポットも用意されており、単にプレゼントが貰えるだけの催しにとどまらない、参加型の企画としても楽しむことができます。なお、年末ジャンボ宝くじの発売日は12月23日までとなっております。

年末ジャンボ宝くじ
年末ジャンボ宝くじ(第704〜706回 全国自治宝くじ) | 宝くじ公式サイト


広告

広告

地域別新着記事