小田急百貨店で創業50周年記念の感謝祭を実施中

※こちらの記事は1年以上前に配信されたものです。
広告

新宿駅には駅と直結している百貨店として小田急百貨店と京王百貨店の2店舗がありますが、この2店舗は創業が同じ1961年ということで、現在創業50周年記念の様々なイベントが行われております。そのなかでも、小田急百貨店では5月18日から6月14日までの約1ヶ月にわたって大創業祭と銘打ったフェアを行っております。

最大で5万円分の買い物券が当たる「お買い物deスタンプラリー」と題したイベントをはじめ、西新宿にも校舎がある宝塚大学の学生が作ったエコバッグの展示会(20日~31日)や、店内を回る「パレード」が行われることになっております(22日)。他にも、小田急百貨店のロゴなどが焼印としてデザインされた「千なり」の限定販売(6月1日~14日)やエコバッグのプレゼント(6月1日~)が行われる予定になっています。

また、小田急百貨店のオリジナルデザインであるスヌーピーの子供用Tシャツも販売される予定となっており、その売上金額の3割が被災地に送られるというチャリティーイベントも実施されます。他にも小田急百貨店内の各店舗で、それぞれ50周年を記念したイベントなどが行われることになっておりますので、ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。


広告

広告

地域別新着記事