東京都庁第一本庁舎の南展望室 9月から来春まで「休室」


東京都庁東京スカイツリーから富士山まで、見晴らしの良い風景を無料で楽しめる東京都庁の展望室ですが、2つあるうちの南展望室が、来月から庁舎の改修工事の関係で使用できなくなることになりました。

これまでも都庁ではセキュリティ目的の改修などを相次いで行い、時には執務室の移動なども行われていたのですが、一般の入庁者が最も利用する機会の多い展望室にも「工事の手」が加えられることになりました。具体的な工事内容は係の方もご存じなかったのですが、最近は南展望室の上部にあるアンテナ部分から白い光が差し込むなど、普段とは違った都庁の姿を度々目撃することがありました。もしかしたら展望室だけでなく、展望室から最上部付近あたりまで一気に工事が行われる可能性もあります。

工事自体は過去にも度々行われていましたが、今回は大規模な工事ということで、館内で営業している都庁展望室日本全国物産展も、羽田空港の第2旅客ターミナルへと移転することになり、大半の商品を5割引きで販売するという大盤振る舞いのセールが行われています。移転自体は永続的なものではなく、南展望室が再び使えるようになった段階で再びこの場所へと戻ってくるとのことです。

展望室のご利用案内|東京都庁見学のご案内
都庁展望室日本全国物産展

広告