日本初の「瞑想専門スタジオ」が西新宿1丁目の甲州街道近くにオープン


明宝ビルディング明宝ビルディングにて営業しているヨガスタジオのスタジオ・ヨギー新宿WESTでは、今週から新たに日本初だというmuonと名付けられた瞑想専門のスタジオを新たに設け、最新のテクノロジーなども取り入れた「新しいタイプの瞑想」の体験などができるようになりました。

ヨガ自体はインどが発祥の地とされていますが、こちらは瞑想をメインに行うスペースということもあってか、スタジオ内は日本文化を取り入れた形に設計され、音声ガイダンスなどと連動した形で瞑想を実践することができるとのことです。予約ページには4種類のコースが用意されており、中には寝位での瞑想なども行われ、ひらめきの力の目覚めや集中力を養うなどの目的別に瞑想を実体験できます。

利用料金については7月31日までオープニングキャンペーンが行われています。いずれのプランも最低料金が1080円となっていますが、その額を下限としてお客さんが自由に決められるという、赤とんぼのオープニングキャンペーンと似たタイプのものが展開されています。なお、muonのオープンに合わせて瞑想を手助けするというアプリもリリースされているので、スタジオへ行く前に本格的な瞑想をかじってみたいという方は、こちらに触れてみるのも良いかもしれません。

muon

広告