タクシー初乗り410円 新宿駅東口の乗り場が実験対象に

※こちらの記事は1年以上前に配信されたものです。
広告

新宿駅東口タクシー単価が下がる懸念とともに、利用者の増加が期待されているタクシーの初乗り料金値下げですが、来月から半月にわたって国土交通省が実験を行うことになりました。

対象となるタクシーは新宿駅東口などの4カ所に停車しているタクシーで、合計40台を予定しています。国土交通省では8月5日から9月15日までとありますが、期間中通して初乗り410円となるのは新橋駅東口のタクシー乗り場だけで、新宿駅東口の乗り場は8月19日から9月1日までです。また、時間も8時から18時までの10時間を予定しているとのことです。

410円で行ける距離は約1kmと設定されており、新宿駅東口からなら新宿御苑や新宿ピカデリーなど、東側であればある程度観光名所などに行くことが出来ます。しかし、西側へは大ガードをくぐるなどのルートを使わなければならないため、行けてもコクーンタワーや新宿ミロードあたりが「限界」となっています。なお、いずれの乗り場でも路上での実験は行なわないとのことなので、利用したい場合は必ず乗り場へ行く必要があります。

報道発表資料:東京のタクシー初乗り運賃の引下げに係る実証実験について – 国土交通省


広告

広告

地域別新着記事