「格安スマホの売店」も設置 Smart Labo 新宿東口店がリニューアルオープン

※こちらの記事は1年以上前に配信されたものです。
広告

Smart Laboオープンから半月で一時閉店するという、新宿でもあまり見かけないような営業形態を撮っていたSmart Laboが、3日からリニューアルオープンし、本格的な営業が始まっています。

お店のレイアウト自体はAppBank Store 新宿のものを踏襲(?)しており、入り口に入ってすぐ階段があったり、レジが階段の裏にあったりと、かつての店舗を髣髴とさせる雰囲気になっています。が、店内のラインナップは大きく変わっており、同じスマートフォンアクセサリーを扱うお店でもAppBank時代の商品のようにゲームキャラクターのグッズなどをメインにしたものではなく、ディズニーキャラや鮮やかな柄のスマートフォンケースなどが数多く並べられていました。

2階も大きく変化しており、大きく分けてイヤホンと格安スマホの売り場に分かれていました。かつてAppBankのスタジオが置かれていたスペースはイヤホン販売スペースと倉庫のような場所に二分され、建物内部には「Smart Labo Mobile新宿東口」という格安スマホを販売するためのスペースとして、20席程度の椅子と机が並べられていました。SIMカード自体はmineoやFREETELなど、家電量販店と特に変わらない品揃えでしたが、楽天モバイルのみ、専用のカウンターが用意されていました。

スマホアクセサリー&スマホ連動のオーディオショップ、スマートラボ新宿東口
・格安スマホ専門店 Smart Labo Mobile新宿東口


広告

広告

地域別新着記事