新宿駅周辺のハロウィン 北へ行くほど仮装する人が多い傾向に

※こちらの記事は1年以上前に配信されたものです。
広告

ハロウィン最近になってなぜか盛り上がりを見せるようになり、バレンタインデーやクリスマスなどと同じく欧米とは違った楽しみ方で年に1度の恒例行事となりつつあるハロウィンですが、巨大繁華街である歌舞伎町を抱える新宿でも、各地でハロウィンらしい催しが開かれていました。

オペラシティやタカシマヤタイムズスクエアなどではパレードや各種セールなどが行われ、居酒屋からクリスピークリームドーナツ、京王プラザホテルの高級料理店などに至るまで、様々な場所でハロウィンにちなんだ記念撮影用のボードが置かれていました。店員さんの中にもコスプレをしている人の姿はちらほらと見かけ、特にアパレル系のお店で普段とは違った形の衣装に見を包んでいる方を見かける機会が多かったように思えました。

渋谷駅や池袋駅などでは仮装した人が各地にいたとの話がテレビやネットなどで伝えられていましたが、新宿では自らのコスプレを道行く人に見せる人はそこまで多くなく、特に新宿駅から西側では駅の近くであってもコスプレをしている人はほぼおらず、どこかでコスプレを見せるために予め用意だけしている人ぐらいしかいませんでした。ただ、コスプレの種類は他の場所で行われていたものと大差が無く、看護師姿やフランケンシュタインの他、右胸にSWATと刺繍されているという現実ではあり得ない衣装なども時折見かけました。

靖国通りまで行くと歌舞伎町に隣接しているということもあり、赤信号を大急ぎで渡るディズニーの主人公たちや、帽子だけマリオとルイージで露出度の高い双子コーデのようなものをしている人、会社帰りのようなスーツ姿で頭から流血しているようなペイントを施している人など、10人に1人ペースでハロウィンにちなんだ見た目に「変身」している人がいました。

新宿ステーションスクエア
新宿ステーションスクエアではハロウィンとは関係なく、TOKYO MXの開局20周年を記念した24時間マラソンのような事が行われています。なお、明日はスタジオアルタにて記念番組も放送されるとのことです。

開局20周年記念特別番組「9レイジーだぜ。チャレンジフェスティバル」 | TOKYO MX


広告

広告

地域別新着記事