アップル日本法人が本日で新宿での営業を終了、六本木ヒルズに移転へ

※こちらの記事は1年以上前に配信されたものです。
広告

東京オペラシティ東京オペラシティの誕生と同じ年に新宿へとオフィスを移し、iMacからiPhoneやiPadといった商品を国内で展開するなどしていたアップルの日本法人が、いよいよ本日で同ビルでの営業を終了します

東京オペラシティのほぼ最上層にオフィスを構えていたApple Japan合同会社ですが、そこが丸ごと空きテナントになるようで、現在不動産サイトではアップルの跡地に入居するテナントの募集が行われています。月額の賃料などについては「相談」とされており、入居は7月から可能になっているとのことです。ただ、アップルが入居していた全てのフロアに入居するとなると相当な賃料が発生してしまう可能性があるので、それぞれのフロアに別の企業が入居するという形になるかもしれません。

西新宿では、広告企業のセプテーニやみずほ銀行系列の企業であるみずほ情報総研、大手プロバイダーのニフティなど、新宿グランドタワーや新宿フロントタワーの着工で大企業が続々移転してくるという現象が起きている一方で、アップルや栗田工業、東京スタイルといった長年西新宿で営業を続けていた企業が消えてしまうという現象がここ1年で例年より多く発生しております。

六本木ヒルズでの営業開始は5月7日からを予定しているそうです。

東京オペラシティ(新宿区 西新宿) 募集区画一覧


広告

広告

地域別新着記事