明治安田生命ホール 来年の5月で閉館

※こちらの記事は1年以上前に配信されたものです。
広告

明治安田生命ビル小田急ハルク並の大きさを誇り、オフィスビルでありながら存在感を発揮している明治安田生命ビルですが、同ビル内で営業してきた明治安田生命ホールが2017年の5月で閉館することになり、公式サイトで告知が行われています。

ビルの完成後、半世紀以上にわたってホールを開き、これまでもセミナーや講習会などのようなオフィスビルらしい催しが行われたり、松竹芸能や太田プロのお笑いライブのようなエンターテイメント系の公演などが行われてきました。ビル館内の方にお話を伺ったものの、閉館されること自体をご存じないようで、なぜ閉館するのか、また今後どのような場所になるのかなどは今のところ分かっていません。

最近ではSMBC日興証券の新宿支店や三菱UFJモルガン・スタンレー証券がミライナタワーへとしているだけでなく、スバルビルの解体が計画されたり、MY新宿第二ビルから沼津港が移転するなど、新宿駅西口からどんどんテナントが去っています。これらの動きは再開発が遠因となっているものもありますが、明治安田生命ビルについては現状再開発の予定などが発表されておらず、何事もなく閉館すれば、同ビルは旧富士銀行の巨大なシャッターに続いて「外観が寂しい場所」が増えることになります。

各種書類 | 新宿明治安田生命ホール


広告

広告

地域別新着記事