西新宿3丁目で傷害事件が発生

※こちらの記事は1年以上前に配信されたものです。
広告

今日の昼前、西新宿3丁目の路地で傷害事件が発生しました。現場となったのは西新宿3丁目の甲州街道と山手通りの交差点に近い、人通りの少ない路地で、60代の女性が被害にあったものの、意識ははっきりとしているそうです。

各メディアから配信されたニュースを見ても、容疑者の方は素性がはっきりしていないようで、40代と見られる女性が関東近県に住む20代の女に変わったりと、情報が錯綜しています。これを受けてか、警察は容疑者に対して責任能力の有無も調べるとの事です。

女性が刺された現場は、上を向いて都庁やNTT本社などのビルを確認しないと「本当にここが西新宿なのか」と思ってしまうほど夜中でも暗くなってしまうような場所で、再開発エリアに指定されている一帯でもあります。地元の人でもこの通りを歩く人は多くなく、車すらも通れないような路地なので、不審者の有無に関係なく(?)足元などをよく確認して歩かなければいけないような場所でもあります。

・路上で67歳女性刺され軽傷 女の身柄確保
・殺人未遂容疑で女逮捕=西新宿の女性刺傷-警視庁


広告

広告

地域別新着記事