A BATHING APEとドラゴンボールのコラボ商品 伊勢丹で販売中

※こちらの記事は1年以上前に配信されたものです。
広告

A BATHING APE伊勢志摩サミットの開催に伴い、館内でテロの訓練が行なわれたりもしていた伊勢丹の6階で、文化服装学院出身のNIGOさんが立ち上げたブランド「A BATHING APE」とドラゴンボールがコラボレーションした商品の販売が行なわれています。

本日から全国のA BATHING APE正規取扱店で販売がスタートしたこの商品は、ドラゴンボールの連載が始まった頃に子供だった30代以上の男性などをターゲットとしたものではなく、子供服ブランドのBAPE KIDSとして展開されています。そのため、孫悟空などが可愛らしくプリントされている身長1m未満の子供用の洋服など、特に小学校入学前くらいの子供が着るような洋服が目立っていました。

ポップアップショップということで、販売スペース自体は「ザ・ステージ」だけを使った小さなものではあるのですが、写真のように記念撮影ができるスペースも用意されています。お店は26日まで出店されており、27日以降に実店舗で購入する場合は、原宿や青山などにあるBAPEのお店に行く必要があるそうです。ちなみに、1階や地下1階にある東日本大震災の募金箱が設置されている場所には、隣接(?)する形で熊本地震の募金箱も新たに設置されています。

熊本地震

BABY & KIDS INFORMATION | 伊勢丹 新宿店 | 伊勢丹 店舗情報


広告

広告

地域別新着記事