新宿住友ビルの地上駐車場「謎の囲い」で一部を封鎖

※こちらの記事は1年以上前に配信されたものです。
広告

新宿住友ビルバスタ新宿の開業に伴って閉店したWILLERバスターミナル新宿西口ですが、同施設が営業していた新宿住友ビルに工事用のバリケードが作られています。

約500台が収容できる地下の駐車場とは別途運営されているこの場所では、WILLER TRAVELやリムジンバスを始めとした各社のバスなどが数多く停車し、地方などへ向かう人達の交通手段の一つとして使われてきたのですが、バスタ新宿の開業に伴い、「主要バス会社」だったWILLER TRAVELが移転したことで、一部駐車場スペースが空いた状態になっていました。

バリケードで囲われているのは元々の駐車場スペースの約半分程度で、作業が始まって間もないということもあって、特段大きな変化は起きていませんでした。西側を警備していた警備員の方にお話を伺おうとしましたが、質問をしに横断歩道を渡ろうとしただけで「来ないで」「ダメダメ」と言われてしまい、その場から質問しても無視をされてしまったため、何が出来るのかについてはもう少し経たないと分からないかもしれません。

新宿住友ビル
WILLERバスターミナル新宿西口の現在の様子です。

新宿住友ビル|賃貸オフィス・賃貸事務所なら住友不動産


広告

広告

地域別新着記事