「北条司原画展」新宿住友ビルで開催中

※こちらの記事は1年以上前に配信されたものです。
広告

北条司原画展日本テレビで放送されているドラマ「エンジェル・ハート」の原作者である北条司さんに関する展示会が、新宿住友ビルで行なわれています。

展示されているの漫画などの材料になる原画で、シャープな線で描かれたエンジェル・ハートとシティーハンターのキャラクターが、様々なポーズを取っています。展示されている原画は2作品・30枚あり、新宿住友ビルの1階の壁面の大半が原画の展示に使われており、主に30代くらいの男性と女性が原画の写真などを撮っていました。中には、韓国語を話す3人組の女性や、ドイツ語と思われる言語を話す年配の方などが絵を見ていたりと、外国人観光客の姿もありました。

展示期間は今月17日から11月8日までとなっており、初日にはエンジェル・ハートで主役を務めている上川隆也さんが訪れていました。上川さんが取材を受けたスペースの横では作中に登場する「100t」と書かれたハンマーに殴られた車があり、こちらも前述の期間まで展示されているとのことです。


広告

広告

地域別新着記事