東京オペラシティでピアニストの横山幸雄さんがギネス記録に挑戦へ

※こちらの記事は1年以上前に配信されたものです。
広告

東京オペラシティ来たる5月4日、東京オペラシティのコンサートホールで、計16時間にも及ぶコンサートが行われるそうです。

容はショパンが生み出した楽曲計166曲を全て1人で弾くという、非常に体力を要する、そして壮絶な物になっています。これはTOKYO FM開局40周年と、フレデリック・ショパンの生誕200周年を記念したイベントの一環としても開催される催しとなっています。記録に挑戦するのはピアニストの横山幸雄さんという方で、1990年にはピアノコンクールの最高峰とも言われているショパン・コンサートという国際的なコンクールで3位に輝いています。また、盲目のピアニストとして有名になった辻井伸行さんを指導するなどした経験もあり、「先生」としても「奏者」としても、非常に卓越した能力を持っていらっしゃるそうです。

開園時間は午前9時から翌日の午前1時までで4部構成となっています。TOKYO FMでは頻繁に宣伝も行われていたのでご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、世界的な記録に挑むというなかなか見られない類のコンサートでもあるので、興味のある方は是非足を運んでみてください。

横山幸雄が今度は‘ギネス世界記録TM’に挑戦!!


広告

広告

地域別新着記事