常泉院の墓地と隣接していた敷地 柵が作られて墓地スペースとほぼ一体化

広告

常泉院青梅街道沿いで行われている地下通路関連の工事が来月でひと段落する予定ですが、その工事現場を長年目の前にしている常泉院では、墓地の敷地を広げるための工事が行われており、こちらの作業もほぼ終了に近づいているようです。

大澤商店などの解体工事が終了してからは、しばらく単なる空き地の状態でしたが、後に地面部分の高さが墓地側に整えられはじめ、先日からは境界線代わりに設置されていた工事用のフェンスも一旦撤去されたりしていました。本日確認した時点では、しっかりとした石で作られた「土台」の上に柵が設置され、恐らく2mくらいの身長がある方でも軽々とは乗り越えられないような造りになっています。

一帯は新しく整備されたばかりということもあり、当然ながら墓標などは設置されていないのですが、今後この場所にも新しくお墓が設置されることになるかもしれません。なお、この写真の左側にはまだ何かしらの作業に使われるのではないかと思われる資材が残っているため、ほかにも敷地内のスペースの改良を行う可能性があります。


広告

広告

地域別新着記事