小田急百貨店の「秋の北海道大収穫祭」2週目を実施中

※こちらの記事は1年以上前に配信されたものです。
広告

小田急百貨店16日から小田急百貨店で行なわれている秋の北海道大収穫祭が昨日から2週目に入り、一部の店舗が入れ替わったり、配置が変わったりしています。

先週までイートインコーナーとして営業していたドライブインいとうは佃善の隣へと移動し、エスカレーター付近には何かの食材が程よく焦げたスタミナ料理風の匂い(?)が充満していました。大体のお店は1週目と同じですが、最深部にある和風ジェラートのお店などは「新入り」で、東側の端にも関わらず複数人の女性がお店の前で列を作っていました。イートインコーナーは新たにラーメン店、海鮮料理のお店、スープカレーのお店が入り、それぞれ行列こそ無かったもののほぼ満席でした。

日替わりメニューも毎日用意されており、明日は町村農場が販売している飲むヨーグルトが、1人1セット、計100人にだけ900円で販売されます。その他にも函館市、釧路市、小樽市の各海鮮丼がセット限定価格で提供される予定です。フェアの最終日は29日で、当日は午後5時に終了予定です。

・秋の北海道大収穫祭 | 小田急百貨店


広告

広告

地域別新着記事