東急ハンズのポップアップショップがモザイク通りにオープンへ

※こちらの記事は1年以上前に配信されたものです。
広告

モザイク通り東急ハンズは、明日から新しい店舗として「Antenna Box by TOKYU HANDS」というお店をオープンさせます。東急ハンズはタカシマヤタイムズスクエアに長らく大きめの店舗を構えていますが、こちらは期間限定のポップアップショップとなっています。

こちらではNe-net にゃーという猫をテーマにした雑貨店が営業しており、窓に描かれているマスコットキャラクターのようなものは、位置情報ゲームのIngressでもポータル(基地のようなもの)の目印となる写真に使用されていましたが、こちらが丸ごとミロードの2階に移転したことで、東急ハンズ関連のお店になったようです。東急ハンズとしては初めてのポップアップショップで、商品販売の他、東急ハンズらしい(?)商品の実演製作などが行われることになっています。

ポップアップショップということで期間限定での出店だそうですが、今のところ出店の終了日については記載されていませんでした。また、東急ハンズが出店という形を取っているものの、明確には「モザイク通りを運営する小田急電鉄が東急ハンズと契約し、東急ハンズがオススメのお店を出店する」という仕組みで、明日からスタートする第1弾では、人工観葉植物などを販売するいなざうるす屋が約1カ月間出店する予定だそうです。

東急ハンズがプロデュースする全国初の期間限定ショップ「Antenna Box by TOKYU HANDS」
新宿ミロード モザイク通りにて 1か月間出店いたします♪
・にゃーのおみせ MADO【8/7(金)オープン】


広告

広告

地域別新着記事