出演者の半数以上が「アイドル経験者」の舞台 新宿村LIVEで25日からスタート

広告

新宿村昨年、元乃木坂46の畠中清羅さんと元SKE48の佐藤聖羅さんの2人がダブル主演という形で出演した「劇団ドリームプリンセス」の旗揚げ公演ですが、同劇団が再び新宿村LIVEで公演を行うことになり、現在チケットの販売などが行われています。

今回上演される13月の女の子は、タイムスリップもののお話に「パラレルワールドに飛んで行く」というテーマが合わさったものになっているそうで、女子校が舞台の内容となっています。主演にはAKB48を3月で卒業予定の相笠萌さんが抜擢されていますが、他にも昨年AKB48を卒業した平田梨奈さんと山本亜依さん、2015年に卒業した橋本耀さんがキャストに名を連ねています。

また、元NMB48のメンバーが所属する「愛乙女☆DOLL」や仮面女子に憧れているというコンセプトの「仮面シスター」などのアイドルグループからも出演者が選ばれていて、20人近い出演者が現役アイドルや元アイドルという肩書きを持った方ということになります。公演は1月25日から2月5日までの10日間にわたって行われ、ブロマイドの販売や複数回鑑賞しに来た方への特典なども用意されているとのことです。

13月の女の子 | 劇団ドリームプリンセス


広告

広告

地域別新着記事