新宿駅西口プロムナード・ギャラリー「設置ビルの申し出」で閉鎖へ

広告

新宿駅西口プロムナード・ギャラリー新宿駅西口の北側通路にはスバルビルの新宿の目があり、一種の観光スポットのような役割も果たしているのですが、南側ではイベントコーナーの隅にプロムナード・ギャラリーと名付けられた芸術作品の展示スペースなどがあります。この度、このスペースが閉鎖される事になったようで、展示エリア内にて告知が行われています。

これまで新宿区や東京都などが主催した絵画などの入選作品などが多数展示されていましたが、閉鎖を伝えるパネルによると「設置ビルの申し出」によって、来年3月31日を最後に同イベントスペースが撤去されることになったとのことです。設置ビルは大人数が収容できるホールの閉鎖も決定している明治安田生命新宿ビルで、同ビル内からさらに「テナント」が減る形になります。

プロムナード・ギャラリー自体は東京都庁と新宿ワシントンホテルをつなぐ地下道や、銀座の一角にも設けられているため、これまで行われていた展示等はこちらに移される可能性もあります。数年前からギャラリーでは雨漏り被害なども相次ぎ、なぜか通路の一部がシャッターで区切られていることもしばしばあった同スペースですが、この場所で作品を鑑賞できるのも、残り3カ月程度ということになります。ちなみに、このお知らせ自体は約1カ月前から行われていたようです。

新宿駅西口プロムナードギャラリー閉鎖のお知らせ|公益財団法人東京都道路整備保全公社


広告

広告

地域別新着記事