これまでと違う「シン・ゴジラの発声可能上映」新宿バルト9で10月に開催

※こちらの記事は1年以上前に配信されたものです。
広告

新宿バルト9興行収入こそ「君の名は。」に大きく引き離されてしまったものの、シリーズとしては記録的なヒット作品になりつつあるシン・ゴジラですが、8月と9月に開催された「発生可能上映」が、少しだけ形を変えて行われることになりました。

新宿バルト9で予定されているのは「発声補助用字幕付きの上映」だそうで、これまで行われてきた上映とは違って、発声に関する何かしらの案内のようなものが流れるようです。また、今回のイベントでも取材が入る可能性があると注意書きが行われているため、後日どこかのテレビ局や雑誌などで紹介される機会もあるかもしれません。

該当の上映は10月4日の19時からを予定しており、特別料金などを支払うことなく、大人1800円などの通常料金で楽しめるとのことです。なお、今回の上映もコスプレが可能なイベントとなっているので、劇中に登場した「ゴジラに一矢報いた兵器」の姿をした人などが、また劇場に現れる可能性もあります。


発声可能上映ほか、イベント上映続々開催決定!|NEWS|映画『シン・ゴジラ』公式サイト
新宿バルト9|Information


広告

広告

地域別新着記事