新宿駅から「最も高額な交通費」が必要な都道府県 1位は長崎県(GIGAZINEより)

※こちらの記事は1年以上前に配信されたものです。
広告

乗換案内サービスのジョルダンなどを用いて計算を行い、新宿駅を起点として各都道府県に何円で行けるかを計算したページが、現在Tumblr内にて公開されています。

移動手段は電車と飛行機のみで、最も安いのは乗り換えが1本だけの神奈川県となっています。単純に県境までの距離だけで計算すれば埼京線1本で行ける埼玉県が最も近いのですが、今回対象となる駅は各都道府県内で利用者が最も多い駅を利用した場合という計算なので、大宮駅よりも横浜駅のほうが43円安くなります。

新宿から最も遠い駅は沖縄県の那覇駅ですが、飛行機を利用すれば片道1万円以内でたどり着けるそうなので、場合によってはホテルのコース料理1食分の方が高くなるとのことです。金額的に最も高額な費用が必要となるのは長崎県で、電車と飛行機を応用して約1.4万円が必要だとされています。1万円以上かかる都道府県には岡山県や新潟県もあり、例え東京駅から新幹線1本で行けたとしても、安価で行けるわけではないようです。

東京まで物理的距離ではなく交通費が各都道府県からどれぐらいになるかが一目瞭然の「交通費変形地図(都道府県ver)」 – GIGAZINE
Geodata Visualize – 交通費変形地図(都道府県ver)…


広告

広告

地域別新着記事