くまもとTASUKIプロジェクトによる熊本応援復興フェア 小田急百貨店で開催中

※こちらの記事は1年以上前に配信されたものです。
広告

小田急百貨店地震発生から1カ月が経過し、巨大な仮設住宅の建設などを始め、避難生活に関する事柄に力が入れられるようになっている熊本地震ですが、小田急百貨店の1階では熊本県の復興支援を名目としたフェアが行われています。

これは熊本県内の企業で構成されるくまもとTASUKIプロジェクトなどによって開催されているもので、熊本県内の各地にある様々な名産品などを販売しています。中でも目立っていたのはくまモンをプリントした商品で、トートバッグやジャージー牛を使ったお菓子、熊本ラーメンなど、様々な種類の商品が販売されています。「非くまモン」の商品には熊本市動植物園の名前が入ったクッキー(と思われる商品)や、普段では中々お目にかからない変わった味のそうめんなどが並べられています。

フェアは今月末の31日まで開催される予定で、21日には13時からと15時からの2回にわたってくまモンが会場に訪れるイベントも行われるとのことです。

・くまもとTASUKIプロジェクト 熊本応援復興フェア | 小田急百貨店


広告

広告

地域別新着記事