ヘイトスピーチに反対するデモ「差別撤廃 東京大行進」を開催へ

※こちらの記事は1年以上前に配信されたものです。
広告

いわゆる在日コリアンの人々に対する罵詈雑言を含んだデモ活動などがネットをはじめとした一部の場所で問題視され、また、その行動を阻止しようとした人々の中からも逮捕者が出るなど、様々な方向から議論の対象となった「ヘイトスピーチ」に関する一連の事件が昨年から今年にかけて発生していますが、来たる22日にそのヘイトスピーチに抗議する意味を込めた「差別撤廃 東京大行進」というデモが行われるそうです。

このデモでは、新宿ロフトをはじめとするライブハウスの代表である平野悠さん、「一水会」の代表だった鈴木邦男さん、元グーグル日本法人名誉会長の村上憲郎さん、「カウンター活動」の発端を作ったとされる野間易通さんと言った著名な方や、共産党の小池晃参議院議員、吉良よし子参議院議員、民主党の金子洋一参議院議員、そしてネット右翼と称される人々から特に攻撃的なコメントを浴びせられ続けている有田芳生参議院議員などが賛同人として名を連ねるなど、様々な方面からこのデモへの賛同の声が集まっているそうです。

当日は熊野神社例大祭の最終日であり、13時頃にはちょうどお神輿とデモ隊が同じエリアを通過する事になる可能性があります。周辺が通勤ラッシュのときよりも混み合う可能性もありますので、このデモに興味を持っている方や、神輿を見に行かれる方以外は、一帯に立ち寄る事を避けた方が良いかもしれません。なお、デモのスタート場所は新宿中央公園の水の広場(新宿ナイアガラの滝の前)で、終了場所は柏木公園を予定しているそうです。

・差別撤廃 東京大行進
・西新宿1丁目お祭り情報:熊野神社例大祭


広告

広告

地域別新着記事