新宿区で東日本大震災以来となる震度4を観測

※こちらの記事は1年以上前に配信されたものです。
広告

今日の午後5時59分ころ、東京都や神奈川県などで震度4を記録する地震が発生しました。震源となったのは千葉県北西部で、マグニチュードは4.9と発表されています。

この地震で新宿区は震度4を記録しましたが、新宿区で震度4を記録したのは東日本大震災が発生した2011年の3月11日以来となります。気象庁のデータによると、観測点が設置されている3つの場所のうち、3月11日に上落合と歌舞伎町の2箇所で震度5弱と震度4をそれぞれ1回、百人町では震度5弱を1度だけ観測しています。余震も多数観測し、静岡や長野で発生した大きな地震でも揺れていますが、それらの地震では新宿区は震度2や3と記録されています。

地震の発生から数分後には、新宿ルミネエストでは「火災報知器が作動して「火災が発生した」という誤作動を起こした」という旨のツイートもいくつか投稿されておりました。

・震度データベース検索処理(Ver.1.07b 2006/06/01)


広告

広告

地域別新着記事