Windows7発売記念のハンバーガー「Windows7 WHOPPER」を食べてきました

※こちらの記事は1年以上前に配信されたものです。
広告

Windows7 WHOPPERメガ○○系統の食べ物が人気を博してからかなり経ちますが、バーガーキングでWindows7の発売を記念したハンバーガーが出るとのことでしたので、試しに食べに行ってきました。

Windows7 WHOPPER今回お世話になったのは新宿アイランドイッツ店です。アイランドタワーの「LOVE」のオブジェから少し歩いたところにあるレストラン街に位置しています。

見せの外には手書きの看板とWindows7 WHOPPERの写真が並んでしました。

Windows7 WHOPPER開封前の様子はこんな感じです。「先着30名様は半額で提供」と書いてあったのですが、既に開店1時間で「30名様」が来てしまっていたそうです。

食事中も数人の方が注文していました。

Windows7 WHOPPER開封した所ですが、相当な量の肉汁などが出ており、注意しないと洋服が大変なことになってしまいます。

野菜は上に乗っているもののみですが、レギュラーメニューのハンバーガーと同じく、追加注文でトッピングなども可能だそうです。

Windows7 WHOPPER味自体は「とにかく肉一色」というのが率直な感想でした。下のほうにあるパンは肉などの重みや肉汁が原因なのか、ぺちゃんこに潰れてしまっていました。食べ方は相当工夫しないと難しいですが、上から一枚ずつとって食べるのが正攻法になりそうです。

肉も5枚目ぐらいまでは楽しんで食べることが出来ましたが、終盤に差し掛かる6枚目から急に体全体に倦怠感が出るようになり、咀嚼するための顎すら動かすのが面倒なほど、何もやる気が起きないような状態になります。また、潰れたパティも肉汁が染みこんだり時間経過で硬くなったりと、形だけでなく味にも大きな変化が起きていました。最終的には40分ほどかけて完食し、一食もすることなく翌朝まで迎えられました。

Windows7 WHOPPERは来週水曜日までの限定品ということなので、この機会に足を運んでみてはいかがでしょうか。


広告

広告

地域別新着記事