新宿駅新南改札の広場に「Suicaのペンギンの像」を設置へ

広告

新宿駅新南改札現在オクトーバーフェストが行われており、SHINJUKUのオブジェも街の風景と一体化するようになった新宿駅の新南改札に、新しく銅像が設置されることになりました。

Suicaのペンギン広場で「Suicaのペンギンの銅像」の展示がスタート

これは7月16日から行われるもので、同時にエリア一帯をSuicaのペンギン広場という名前に改称されることも発表されました。銅像は高さが約2.5mになるということで、渋谷駅の象徴でもある忠犬ハチ公をはるかに凌ぐ大きなペンギンが新宿駅前に鎮座することになります。ただ、イメージ図では立ったペンギンの姿が描かれていて、銅像の土台部分にはSuicaを模したデザインの説明書きも行われているとのことです。

8月31日までの期間限定イベントとして、Suicaのペンギンのパネルなども設置されることになっており、夏休みの時期に合わせて子供などがより楽しめそうな一帯へと変化する予定です。ちなみに、インフォメーションセンターで銅像の事をお伺いしましたが、担当の方によると除幕式などのイベントは開催されないそうです

ITmediaの記事では、銅像のお披露目となる16日に除幕式が行われる予定だと書かれており、10日に放送された「シューイチ」でも除幕式についての案内が行われていました。ただ、プレスリリースを改めて確認してみましたが、時間については明らかにされていません。

新宿駅新南改札前に 「Suicaのペンギン広場」がオープンします~新たな待ち合わせスポットとして「Suicaのペンギン」ブロンズ像が登場~|東日本旅客鉄道株式会社のプレスリリース


広告

広告

地域別新着記事