マルエツプチ西新宿6丁目店でタバコの取り扱いが終了へ

※こちらの記事は1年以上前に配信されたものです。
広告

マルエツプチ開店以来多くの人でにぎわい続けているマルエツプチの西新宿6丁目店ですが、2月18日を持ってタバコの取り扱いが終了することになりました。

店員の方に理由を伺ったもののお茶を濁されてしまったのですが、元々タバコ売場自体があまり目立たない場所に設置されており、会計も1つのレジでしか対応できていなかったのが原因なのかもしれません。タバコが陳列されていた場所に何が置かれるかは現在の所何もアナウンスされていませんが、場合によってはレジや案内所を拡張するために行われる可能性もあります。

ちなみに、マルエツプチから坂を下って交差点を下りた所には、長らく営業を続けている「松葉商事」という名前のタバコ屋さんがあり、こちらのお店にとっては競合店が1つ減ったという意味でメリットになっているのではないかと思われます。


広告

広告

地域別新着記事