京王百貨店で「福井県 越前若狭の物産と観光展」を開催中

※こちらの記事は1年以上前に配信されたものです。
広告

京王百貨店京王百貨店では3日前まで駅弁大会が行われておりましたが、現在の催会場では福井県越前若狭の物産と観光展が開催されております。

このイベントは文字通り福井県の各種名産品などを展示・販売しているフェアとなっており、会場の3/4が今回の使われています(一部では婦人服を販売中)。なんとなくですが、今回は魚介一夜干や越前ガニ、浜焼き鯖と言った魚などを使った商品が、普段行われているフェアよりも多いような気がしました。一方で、奥にある茶屋コーナーでは名物として名高いソースカツ丼と越前そばが提供されておりました。

伝統工芸品などのフロアには包丁やまな板といった調理器具や漆器・タンスなどが販売されており、サラ・ペイリン氏の一件で有名な工芸品の一つとなったメガネも販売しておりました。もちろん、度数があってないと使えないので、ブースには簡単な視力調査表も掲示されていました。珍しいところでは仏壇の販売も行われていたのですが、他の商品よりも「0」の数が1つ2つ多いことなども影響してなのか、あまりお客さんの姿は見かけませんでした。

また、3000円以上のお買い上げで権利がもらえる福引でも福井県の特産品などが用意されており、思わぬプレゼントを貰うことができるかもしれません。昨日は観光コーナーのスタッフさんだけでなく、着ぐるみを着たマスコットキャラクター(?)も周辺を賑やかにしていました。


広告

広告

地域別新着記事