東京都庁で「夕張と東京をつなぐ夕張観光物産展」を開催中

※こちらの記事は1年以上前に配信されたものです。
広告

夕張物産展庁舎内から都知事がいなくなり、本日発売になったばかりのオリンピック関連グッズがほぼ完売していたりと、低層階のスペースが慌ただしい日々が続いている東京都庁で、主に夕張メロンの商品を扱った夕張市の物産展が昨日から開催されています。

猪瀬都知事時代に東京都の職員だった鈴木直道市長が派遣されるなど、これまでも東京都からの夕張市の支援が何度も行われてきていますが、今回の物産展は毎年不定期に開催されている催しの1つで、前述の夕張メロンはもちろん、メロン熊のグッズなども複数販売されています。夕張メロンは先月の「1玉300万円」の報道などから高額な印象もありますが、同物産展で販売されているのは2000円から3500円までのメロンにしては手頃な価格でありつつ、しっかりとした評価を受けているものが用意されています。また、夕張メロン関連商品として飲むピュアゼリーやジュースといった飲料、20個で640円という、商品によってはスーパーやコンビニ等で販売されているものより安い小さなゼリーの詰め合わせも販売していました。

もう1つの主力商品となっているメロン熊は、子供用のTシャツからクリアファイルまで、子供向けの商品を中心に展開されているようでした。お店の外には着ぐるみもスタンバイしており、記念写真に応じたり、赤ん坊を泣かせたりしていました。物産展は9時30分から18時30分まで行われ、28日の最終日のみ13時30分で終了となっています。

夕張物産展夕張物産展夕張物産展夕張物産展
全国観光PRコーナー イベント情報/東京の観光公式サイトGO TOKYO
・東京五輪グッズ、販売開始 都庁の売店、開店前に列 – 共同通信 47NEWS


広告

広告

地域別新着記事