小田急百貨店で「九州・沖縄の物産展」を開催中

※こちらの記事は1年以上前に配信されたものです。
広告

小田急百貨店では各地の食べ物や陶器などを集めた「九州・沖縄の物産展」が、昨日より11Fで開催されています(11月2日まで)。

チラシでは食べ物についての宣伝が圧倒的に多かったのですが、会場では食品7:その他3のような形で、メインとなる会場ではそれぞれがほぼ半々ぐらいのスペースを設けていました。食べ物ではステーキ弁当やいかしゅうまいと言った食べ物が人気になっていたようでしたが、伝統工芸などを販売しているエリアは元々工学という事もあってか、食べ物コーナーに比べると少々人が少なく感じられました。ちなみに、「与那覇サンゴ」というお店では限定一本だけとなるネックレス(315,000円)が販売されています。

土曜日・日曜日・月曜日の3日間には日替わりの商品も用意されており、それぞれの日に「菓子処 村岡屋/小城羊羹」「浜王水産/いかの一夜干し」「とうふのひろし屋/島とうふ」が100個限定で販売されるそうです。また、5000円以上の買い物をした方には応募用紙が渡され、抽選で40名の方に「沖縄・九州の特産品」がプレゼントされるそうです。


広告

広告

地域別新着記事