新宿アイランドタワーの末広堂書店 30日で閉店

※こちらの記事は1年以上前に配信されたものです。
広告

末広堂書店本日から新宿アイランドタワーの1階で行われている工事の場所が移動し、エントランスの北側が入れなくなっていますが、ビルの近くで長らく営業を続けていた末広堂書店が今月末で閉店することになり、出入り口付近に閉店を告げる張り紙が掲示されています。

近所に西新宿中学校があることから、勉強用の各種ドリルなどを購入するための身近な店舗として使われていたり、新宿アイランドタワーの社員向けサービスを行うなど、どちらかと言うと街の本屋さんのような印象のあるお店でしたが、一方で入り口付近にライトノベルや萌え系の漫画が豊富に取り揃えられていたり、アムウェイなどと並んで「そのジャンル」で国内の業界大手となっているニュースキンの関連書籍も揃えられているなど、他店とは違う専門的な本屋でもありました。

閉店理由については記されておらず、店員さんに閉店後のテナントについてお伺いしましたが「ん?わかんない。」と短い返事だけが帰ってきました。また、店内は閉店セールなども行われておらず、今後末広堂書店は自前のホームページを介した書籍販売や配達業務のみ行なっていくとのことです。

末広堂書店末広堂書店
末広堂書店


広告

広告

地域別新着記事