新宿区長選挙の実施に向けて、各地に掲示板が登場

※こちらの記事は1年以上前に配信されたものです。
広告

新宿区では来る11月14日に区長を選出する選挙が行われるのですが、現在選挙準備の一環として、各地に選挙ポスターを貼るための掲示板が続々と設置されています。

基本的には衆議院議員選挙や参議院議員選挙とほぼ同じく、公立の小中学校や人通りの多い場所といった所に設置されているのですが、サイズは国政選挙とは違い、6枚のポスターが貼れるスペースが残っているのみとなっています。

また、神楽坂にある善國寺では11月6日の11時より、吉本興業の協力を得て「よしもとおもしろ選挙博」なる啓発イベントが行われるそうです。新宿の未来予想図」や「選挙ポスター」を作るワークショップをはじめ、選挙のことについて理解を深めることができる「塾」なども開催されるとのことです。ちなみに、前回の選挙率は26.58%と、今年8月に実施された参議院選挙の1/2以下となっております。

現在の区長は元東京都庁の職員で23区初の女性区長となった中山弘子氏で、2006年は2位の末吉和氏と3位の石岡春二氏を大きく引き離して当選を果たしたのですが、今回の選挙ではどのような候補者が現れ、今後の区政はどのように変わっていくのでしょうか。

・新宿区長選挙  2006年11月05日告示 2006年11月12日投票
・中山弘子マニフェスト達成状況(平成22年6月末現在)
・新宿区長選挙の啓発のため「よしもとおもしろ選挙博」を開催します


広告

広告

地域別新着記事