食中毒で休業したペッパーランチを見てきました

※こちらの記事は1年以上前に配信されたものです。
広告

ペッパーランチ全国各地でO-157に感染したお客さんが出た事を受け、全ての店舗で臨時休業を行うと発表したペッパーランチ。西新宿でも店舗を構えて営業していたのですが、現在はどのような形になっているのか様子を伺ってきました。

先日足を運んだ際には、いつも出ている看板の前に大きな謝罪文が貼り付けられていましたが、現在は地下の入り口につながる階段を封鎖する形で看板が立てかけられており、以下のような文章が書かれてありました。

ペッパーランチ食中毒
お客様各位

この度、ペッパーランチの一部の店舗で角切りステーキを召し上がったお客様よりO-157による食中毒を発症した事が発表されました。

ペッパーランチ本部といたしましては、今回の事件を重く受け止め、社会的責任を痛感し、当面の営業を自粛とさせていただきます。

当店では、再度衛生管理・安全管理の徹底と店舗の清掃を行い、万全な準備が整い次第、営業再開いたします。

お客様には、多大なご迷惑をおかけ致します事、謹んでお詫び申し上げます。真に申し訳ございません。
何卒、ご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

平成21年9月6日
株式会社 ペッパーフードサービス

店内は夜遅く(と言っても普通は営業時間内)だというのに店員さんがいらっしゃるようで、明かりがついているのを確認できました。もしかしたら消毒作業などを行なっていたのかもしれません。


広告

広告

地域別新着記事