熊本県の復興を応援する「チャリティーディナー」ハイアットリージェンシー東京が7月に提供

※こちらの記事は1年以上前に配信されたものです。
広告

ハイアットリージェンシー東京ハイアットリージェンシー東京では、4月に発生した熊本地震に関するチャリティーの催しとして、同県を応援するディナーが7月に提供されます。

25日の18時半から開催される「熊本地震復興応援チャリティーディナー」では、県内の食文化や名産品を紹介するそうで、中国料理を統括(?)する熊本県出身の林浩勝さんや総料理長の永沼勝之さんらが手掛けるコース料理を楽しめるようになっています。チャリティーということで、ディナーの収益金は熊本県に寄付される事になっており、被災者の支援などへ役立てられる予定です。

会場はホテルで2番目に広い地下1階の桃山という宴会場が使われる予定で、価格はサービス料などを含めて18000円となっています。会場の収容人数は300人と書かれていますが、人数の上限などは記載されていないため、予約を含めた詳細を知りたい場合は、ホテルへ直接問い合わせる必要があります。

・charity_dinner_for_kumamoto


広告

広告

地域別新着記事