北欧をテーマに扱った物産展 伊勢丹の2フロアでスタート

※こちらの記事は1年以上前に配信されたものです。
広告

伊勢丹本日から13日までの計6日にわたって、伊勢丹ではヨーロッパ北部の国々で扱われている商品を販売する「北欧 Food Style & Living Style」が開催されています。

6階の催物場では食べ物をメインテーマとして扱い、伊勢丹限定のショコラドリンクやムーミンのイラストがパッケージに印字されたコーヒーなどが販売されていました。現在お中元コーナーが置かれている関係で、スペース自体が大分コンパクトにされているのですが、イートインコーナーは会場の1/3程度を占めていて、食べ歩きというよりはお店をはしごする感覚で様々なメニューが楽しめます。

7階では主に自宅で使用するアイテムが数多く並べられており、キッチン用品や食器、木製の履き物、などが販売されています。会場の端には有名な陶磁器メーカーの1つとしても名を連ねるロイヤルコペンハーゲンの、年ごとにデザインが違うマグカップが約40年分用意されており、自分の生まれた都市に販売されたマグカップを手に取る女性の姿などもありました。なお、今週の土日には絵付けやトークショー、サーモンを材料にした料理教室が行われる予定になっています。

北欧 Food Style & Living Style|伊勢丹新宿店
北欧 Food Style & Living Style|伊勢丹新宿店 – イベント情報


広告

広告

地域別新着記事